チームオーダー ユニフォームを作成するならボアコンが1番

お問合せ電話番号

カスタムユニフォーム


カスタムユニフォーム!

各メーカー・ブランドのカスタムユニフォームが作成できます。ご要望をお伝えいただければ、当店にてデザイン画の作成なども行いますのでお気軽にご利用ください!カスタムユニフォームカタログをご希望の方は、こちらのフォームからご連絡下さい。

フットサルユニフォーム作成の際に重要となるのが「メーカー / ブランド」選びです。ユニフォームのデザインやカラーはフットサルユニフォーム3Dシミュレーターでイメージを作成するなどし、チームメンバーそれぞれの意見を少しずつ取り入れて、お互いの妥協点を見つけて最良のものを作り上げていくことができますが、さすがにベースとなるユニフォームは原則1種類しか選ぶことができません。(シャツとパンツとソックス、それぞれ別々のメーカーで、という選択肢もありますが、全身の統一感を考えると同じメーカーで揃えることをおすすめします)

個人個人で好きなサッカー/フットサルブランドは異なりますよね。ボアコンで取り扱いのあるユニフォームを中心にいくつかご紹介しますので、メーカー選びの参考にしてくださいね。

どうやって絞り込む?

メーカーやブランドを選ぶ、といっても色々ありすぎて絞り込むのが難しいのではないでしょうか。メーカー・ブランド選びのポイントは「人気」「独自性」「コスト」のどれを重視するかを決めることです。

まず、チームメンバーの好みであったり、人気のあるスポーツブランドを出し合って、多数決で絞り込んで決めていく方法。adidas(アディダス)、asics(アシックス)、NIKE(ナイキ)、PUMA(プーマ)、MIZUNO(ミズノ)、UMBRO(アンブロ)といったお馴染みのサッカーブランドは、最近はフットサルウェアも積極的に取り扱っています。また、フットサルのユニフォームだとgoleador(ゴレアドール)、PENALTY(ペナルティ)、ATHLETA(アスレタ)、gol.(ゴル)やSVOLME(スボルメ)あたりが人気で、身につけている人もよく見かけますよね。人気のブランドだと、ユニフォームの種類も豊富で選択肢が多いのがメリットです。

逆に「どのチームとも違うカスタムユニフォームを作成したい」という場合は、他のチームがあまりチームオーダーしていないニッチなメーカー・ブランドを選択して独自性を出す方法もあります。たとえば、kelme(ケルメ)、hummel(ヒュンメル)、Diadora(ディアドラ)、Kappa(カッパ)といった有名だけど、チームユニフォームとして着ている人は前述のブランドほどは多くない印象のブランドを選びます。また、フットサルブランドだと、Finta(フィンタ)、AGLA(アグラ)、そして、ボアスコンプラスで取り扱っている中だと、agina(アグリナ)、Spazio(スパッツィオ)、Sfida(スフィーダ)にjoma(ホマ)、そしてdalponte(ダウポンチ)などしょうか。デザインもかっこよく、オリジナル性が高いのですが、あまりスポーツショップでは見かけないので、ほかのチームと被る可能性も低く独自性を出しやすいというメリットがあります。

そして、とにかく費用を抑えたい!という場合は、予算を最初に決め、その金額内でチームオーダー・カスタムオーダーが可能なユニフォームのブランドを絞っていくということになります。また、「V-ELEVEN」さんのように、メーカー製でなく、ノーブランドで完全オーダーメイドのオリジナルユニフォームを作成するという手法もありますが、こちらはメーカー品のブランドロゴやエンブレムも無い、「無地」から考えていくことになるため、上級者(カスタムユニフォームの注文経験者)やチームメンバーにデザインができる方がいる場合は検討してもよいかもしれません。というのも、自由自在にデザインできてコストを抑えることができるというメリットがある反面、デザイン料などが可算されると、ブランドのユニフォームオーダーと大差がない金額になる可能性もあります。また、ノーブランドの場合、これまでにユニフォームを着用したことがあるブランドのものではないので、品質や肌触りなどが分からない状態での注文となる点も注意が必要です。

もちろん、「コストを抑えて人気のブランドで!」「人気のブランドでカラーで独自性を出す」といったように、重視する項目が複数でも問題はありませんが、いずれにしてもチームの共通認識として最初にどれを重視するか決めておくことをおすすめします。

カスタムユニフォームのスペシャリストにお任せ!

チームオーダー担当・店長鈴木

どのポイントを重視するかにかかわらず、せっかくチームオーダーでユニフォームを作るならやはり、チームの個性や特色を出せる作り方がおすすめです。ボアコンではこれまでに10,000件以上のユニフォーム制作実績がありますので、あなたのチームの個性をユニフォームで出せるよう、精いっぱいサポートいたします。全く初めての方でもご安心ください。「こんな初歩的なこと聞いてもいいの?」と躊躇せず、何でもお気軽にご相談ください。メーカー・ブランド選びのアドバイスはもちろん、サイズや金額、プリントなど納得がいくまで質問してくださいね。

カスタムユニフォーム / チームウェアー対応ブランド一覧


「人気スポーツランキング」や「好きなスポーツ選手ランキング」などで長い間上位の常連だった野球や相撲を凌ぐ勢いでサッカー人気が上昇してきた近年、子どもや若者だけでなく大人も、また男性だけでなく女性も気軽に始められるスポーツとしてフットサル人気も着実に上がってきていて、今では一般的なスポーツといえるまで地位が向上してきています。

たしかにサッカーやフットサルのほうが、野球と比べるとおしゃれでスタイリッシュなスポーツ、気楽にプレーしやすいと言うイメージがありますよね。今後もその傾向が、もっともっと強くなっていくことでしょう。また以前はフットサルとサッカーは同じように扱われていたのですが、最近は区別されるようになってきました。今ではフットサル専用の競技場(フットサルコート)も全国に1,000箇所以上あります。またユニフォームやジャージなどのウェアもフットサル用・サッカー用と区別して発売しているブランドもあります。

またフットサルは、22人(11人対11人)集めなければならないサッカーと違い、10人(5対5)集まればゲームができます。また、コートのスペースもサッカーより小さくて済むため、多くのフットサルコートが駅近にもあり、休日だけでなく会社帰りなどいつでも手軽にプレーをすることができるので、幅広い世代から支持を得ています。また、若者人気も如実で大学や専門学校では、サッカー部よりもフットサルサークルのほうが所属人数が多い学校もあるようです。これはサッカーよりもフットサルのほうが、男女問わず気軽に楽しむことが出来るという事の証明ですね。サッカー経験の無い初心者メンバーも多くいることから、敷居が低く簡単に参加しやすいという理由で所属している人も多いようです。

そんな皆さんに、よりフットサルを楽しんでもらうために是非オススメしたいもの、それがフットサルユニフォームです。フットサルはその自由度の高さゆえに、ユニフォームがバラバラというチームが多いのも現状です。それぞれが自分がお気に入りのサッカーチームのユニフォームを着てプレーすること自体は何の問題も無いのですが、やはりチームユニフォームがあった方が便利なことがあるのも事実です。

たとえば、練習試合や民間の大会に出場する際に、毎回ビブスを着用しなくてはいけないということ。1つ前に試合をしたチームの汗でぐっしょりのビブスを着用することになり、相手チームはユニフォームが揃っていて、羨ましいなーなんて思ったことありませんか? また、公式大会の場合ではチームユニフォームが揃っていることが規定になっていることもあり、出場自体ができない、ということも起こりえます。ではどうすればよいか……答えは簡単、フットサルユニフォームをカスタムオーダーしましょう!

フットサルと同じで、ユニフォーム作成が初めての方でも大歓迎です! ご希望をお伺いし、チームに合ったかっこいいカスタムユニフォームの作成手順をアドバイスさせていただきます。まずはお気軽に無料相談をご利用ください。チームユニフォームを作ることの最大のメリットは「チームの団結力が高まる」ということです。皆で意見を出し合って作ったお揃いのユニフォームを着用することで、ここのモチベーションアップにつながり、ひいてはチームの戦績アップにもつながります。何より同じ想いを持った仲間同士での団結力が強まりますよ!

内部ページ



このページを読んで気に入っていただいたら、SNSでシェアしてください!


ボアスコンプラスの最新のフットサルウェア