フットサルユニフォーム作成・カスタマイズ・オーダーチェックリストbyボアコン

フットサルユニフォーム 作成

チームオリジナルのフットサルユニフォームを作成することが決まった! よしっ、やるぞ!……って何をすればいいんだっけ? ブランド決め、見積もり価格やユニフォーム製作サイトの比較、サイズの確認、サンプルアイテムの取り寄せ、単品or上下セットor3点セット、ゴールキーパーユニフォームの有無など、手順をふまえてスケジュールを立てないと、せっかくのユニフォームも完成まで時間がかかってしまいます。何となくは分かっているけど、どこから手をつけて良いかわからないと言う方はもちろん、もうある程度固まっているという方は確認のために、必読です。

ユニフォーム作成に必要な10のチェックリスト

1.フットサルユニフォームを作成する【目的】は何か?

「フットサルをするときにチームみんなで着るためだよ」と言われればそれまでですが、これは当たり前のようでかなり重要なことです。ここでいう目的というのは、「公式試合用」なのか「趣味でのプレー用・練習/民間大会用」なのかということです。公式試合に出場するには、JFA(日本サッカー連盟)のユニフォーム規定(2017年4月改正版)を満たしていなければいけません。その場合はチーム名や背番号のプリント方法やプリント位置、そしてパンツとソックスも必要になり、そのカラーの組み合わせにも気を配らなくてはいけません。もちろん趣味や民間大会用であればシャツだけあれば十分ですし、規定も気にする必要はなく自由なデザイン・カラー・プリントを選択することができます。つまりこの2つのどちらの「目的」かにより制作する内容や工程がまったく変わってきます。ですので、まずはこの目的を決めることが重要となります。


2.どのアイテムが必要か?

「フットサルユニフォーム」は、シャツ・パンツ・ソックスの3つのアイテムが揃って一式となります。公式大会で使用することが目的なのであれば、この3点セットで制作する必要があります。逆にそれ以外の目的であればシャツのみでもOKですし、シャツ+パンツ、もしくは公式大会に出なくても3点セットを揃えてももちろんOK。また、公式大会ではユニフォームのカラーが同じチームと対戦する場合に備え、別カラーのシャツがあると便利です。こちらは全国リーグなど上を目指すチームは検討してみてください。それから、ジャージ、ピステといったトレーニングアイテムやボール、シューズ、バッグなどもチームオーダーするチームが増えています。ユニフォームと一緒に揃えてもいいかもしれません。いずれにしても、ユニフォームを作成する際はどのアイテムを作成するかを決めましょう。


3.ユニフォームタイプはどうするか?

そしてユニフォームのタイプも決めていきます。規定にそったユニフォームか、デザインをふくめ一からオリジナルユニフォームを作成する「フルオーダー」か、既定のブランドのユニフォームをベースにカスタマイズしていく「セミオーダー」か、といったようにどの程度まで細部にこだわるかどうかを決めていきます。


4.デザインはどのように誰がやるか?

ユニフォームのデザインも重要です。フルオーダーにしてもセミオーダーにしてもまずはベースとなるブランドを決めて制作に入りますが、その後はそのままのデザインを活かすのか、オリジナルデザインを採用するかどうかで作業量も変わってきます。そして、デザインは誰が担当するかもこの時点で決めておきましょう。チームの中、もしくは知り合いにそういったことが得意な方がいればお願いできますし、もしくは外部(プロ)にお願いするという選択肢もありです。後者は(場合によっては前者も)別途費用が発生しますので、どちらにするか早めに決めておくことをおすすめします。ボアコンのこれまでのカスタムユニフォームの制作実績・導入事例も参考にしてくださいね。このようにある程度イメージしておくとその後がスムーズです。他店のシミュレーションシステムともぜひ比較してみてください。たとえば、フットボールマックスさんのunicomposer(ユニコンポーザー)などがありますね。ボアコンではオリジナルかつ最新鋭の、ユニフォーム 3Dシミュレーターもご用意していますのでこちらもぜひご利用ください!


5.プリント・マーキング方法はどうするか?

ユニフォームには背番号や胸番号、プレーヤー名の他に、チーム名やスポンサー名、オリジナルのエンブレムにメッセージまで色々なことをプリント・マーキング加工することができます。その場合のプリント方法については、背番号などをシャツに圧着する「圧着式」のプリントと、デザインの一部としてユニフォーム生地に染み込ませる「昇華式」のプリントがあります。また、エンブレムはプロチームのユニフォームのように「刺繍」にすることもできます。これもどれにするかによって金額や制作期間にも影響してきますので、あらかじめチームとしての方針を固めておきましよう。

ちなみに、昇華プリント式のユニフォームについては、オリジナルユニフォームを作成後にメンバーが追加になったり新品に替えたりしたい時などにモデル・シリーズ刷新による在庫切れ・廃番の心配がないことや、プリント代がかからない分コストが抑えられるケースがあるなどのメリットもあります。ご興味のある方は昇華ユニフォームについてもぜひご覧ください。


6.人数(枚数)・サイズはどれくらいか?

ユニフォームを作成することが決まったら、早い段階でチームメイトの意思を確認しておくことをおすすめします。単に現在所属しているメンバーで見積もるのではなく、大体の金額やデザインなどを伝え購入の意思を一人ずつに確認しましょう。発注後に、「おれやっぱりいいや」となってしまうと一人当たりの金額が高まる、もしくは代表者の負担となります。もちろん代表者としては全員で揃えたいところですが、他のチームと兼任している人やあくまでサポートメンバーの認識という人もいますので、早目に全員の意思を確認しておきましょう。また、この時点でサイズ、背番号の希望(第2~3希望まで)と名前の表記なども一緒に確認しておくと効率的です。サイズは「SかM」「MかL」と迷う人もいるかもしれません。注文して納品されてからサイズ感が違うとなってしまうことを避けるために、ボアコンではサイズサンプルの貸し出しも行っておりますので、ぜひご利用ください。


7.納期はあるか? いつまでに必要か?

要はユニフォームの作成を急いでいるか、どうかです。「すぐにユニフォームが必要だけど、細部まで思いっきりこだわりたい」という場合、納期か細部のどちらかを調整する必要が出てきます。納期があるか、ないか。ある場合は、いつまでに必要かをユニフォームのご希望とともにいただけましたら、納期内にどこまで対応できるか、もしくはすべて対応するには納期の調整がどれくらい必要かをご連絡させていただきます。ボアコンではもちろんどちらも叶えられるよう精一杯対応させていただきますので、最初はご遠慮なく率直なご希望をお知らせくださいね!


8.予算はどれくらいか?

オリジナルユニフォームを制作するうえで、重要なポイントの一つである「予算」。よくあるのは、エンブレムも用意して、ユニフォームのデザインもバッチリ揃えて、こだわりにこだわっていざ見積もりを出してもらうと想像を絶する金額だった……というケースです。せっかく準備したのに予算の壁に諦めるのは辛いですよね。ですので、今回のチェックリストの項目を(この時点では)ある程度で構いませんので、方針を決めていただき見積もりのご依頼をください。その際に、一着(一式)あたりいくらくらいでお考えであるかもお知らせいただけますとより具体的にアドバイスさせていただくことができます。それから、店舗によって税込表示と税抜表示と違いがあります。税抜価格を税込と勘違いして計算してしますと、チームオーダーのお客様だとかなり金額がことなってきますのでぜひご注意ください。ボアコンでは全商品とも税込表示ですのでそのまま試算していただけます。


9.どこに発注するか?

「フットサルユニフォーム 作成」「フットサル オリジナルユニフォーム」などのキーワードでインターネット検索をするとたくさんのお店・会社のページがヒットします。それぞれに強みやメリットがあります。たとえばボアコンであれば、「チームオーダーユニフォーム30,000着以上の制作実績」登録不要・無料の「ユニフォーム 3Dシミュレーター」、「サイズサンプルの貸し出し」などの強みがあります。これまでのチェックリストをふまえ、一番希望をかなえられそうな店舗を選ぶことをおすすめします。同じ条件で2~3店舗に問合せや見積もりを依頼してみると比較もしやすいかと思います。また、サッカー・フットサルブランドごとに公式サイトでチームオーダーシステムを導入しているケースも増えています。たとえば、アディダスは「miadidas team」、プーマは「PUMA TRIBES」、ナイキは「NIKE TEA」、ニューバランスは「NEW BALANCE TEAM ORDER」、アンブロは「UMBRO CUSTOM ORDER SIMULATION」、ヒュンメルは「hummel S.P ORDER」、サッカージャンキーは「SOCCER JUNKY TEAM ORDER」、スフィーダは「SFIDA XU」、カッパは「Kappa4team」、アシックスの「asics TEAM CUSTOM ORDER(オーダーコンポ.)」、ミズノは「MIZUNO ORIGINAL SIMULATION」といった具合に様々なオーダーシステムがあります。また、決まった名称はなくとも、CALDEIRA(キャルデラ)やKELME(ケルメ/ケレメ)、gol.(ゴル)などのブランドも公式チームオーダーシステムがあります。公式サイトの場合は多くが定価となりますが、種類は最新かつフルラインナップがほとんどです。


10.優先順位はどうするか?

これまでに挙げたチェック項目について、どれから優先的に手をつけるかを決めましょう。1つ目の「目的」について、これは一番最初に決めておく必要がありますが、そのほかの項目については順番が入れ替わっても問題ありません。たとえば、「予算」を最優先とするのか「納期」を最優先にするのかによって、その後の進め方も変わってきます。チームとしてどこに重きを置くかをしっかり話し合って決めましょう!


以上、いかがでしたでしょうか? せっかくのオリジナルユニフォーム。世界で1つだけ、自分たちのフットサルチームのユニフォームを作成するのであれば、失敗したくはないですよね。でもこのチェックリストの内容をしっかり固めておけば大丈夫です!

徹底的にこだわる人も、むしろお任せしたい人も、初めての人も……ボアコンにご相談ください! これまでに数多くのチームオーダーユニフォームの制作・販売実績があります。初めてユニフォームを作る方も、2枚目以降のチームオーダーの方もどなた様も大歓迎です。チームオーダーのこと、注文~配送~納品までの流れ、制作期間、商品の在庫、価格や送料、割引(●枚発注で●%offなど)のことなどどんなご相談も無料です。チームオーダーをお考えの方には「サイズサンプル」の貸し出しも実施していますので、下記よりご連絡ください。


チームオーダーお問合せ

ユニフォーム・チームオーダーのお問合せ 無料相談受付中